宇都宮のキセキ


Utsunomiya.jpg"Every student is unique and brings contributions that no one else can make"
--Paul Baker

以前ちょこっと書きましたが5月27日~7月29日まで毎週木曜日(計10回)、毎回2時間、宇都宮大学で「"英語発信能力"養成講座」という社会人向け公開講座を受け持たせていただきました。この公開講座は英検に協力して頂き実現したもので、以前ブログで紹介しましたSTEP BULATSのSpeakingテスト(英検がケインブリッジ大学と一緒に開発した面接形式でビジネスコミュニケーション力を測るテスト)を効果測定として講座のBeforeとAfterで受講生に受けてもらう形式で行うものでした。

この試験。我々英語業界の中では対策が立てづらい試験として有名です。何しろ単語一つや二つ出来たから10点上がるのような試験ではない。1対1の面接試験で、実際にビジネス上で起こりえるタスクが与えられ、どれだけ英語をコミュニケーションツールとして使いこなせるか、本質的なコミュニケーション力が問われます。

やる気を如何に引き出すか


loyalty_cards.jpg最近本を読んでいて、はじめはダラダラと読み、「今日は一章分読むぞ!」と気合を入れないとなかなか進まなかったものが、中盤を超え、終わりに近づくと、読むスピードと意欲があがっていることに気づき、「なるほど、そういうことか」というちょっとしたA-ha moment (気づきの瞬間)がありました。

「お客さんの忠誠心(loyalty)をどうあげていくか?」
ビジネスに携わる者だったら誰でもその答えを知りたい。"Yes! 50 secrets from the science of persuation (邦題:影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣)"にそのヒントになりそうな面白い話を発見。これはある心理学者達が行った実験です。

まずCar Wash(洗車事業)を行っている人に依頼し、8回洗車すれば1回タダというスタンプカード作り、300枚配る。日本でいかにもファーストフードやクリーニング屋がやってそうなポイントカードを配るというイメージです。でもその中でちょっとだけ仕掛けをしておく。