給与・やりがいを抑えて社員のモチベーションを上げるランキング1位になったものは


love jobあるアメリカの大学の研究者が「社員のモチベーションを上げる要因」に関して実施された調査を過去に遡って調べ、比較対象できる1946年、1980年、1986年、1992年の4つの調査レポートを発見。

どのレポートも社員に対し、「仕事上、モチベーションを上がるのは何か?」という質問に対し、あらかじめ用意された答えの優先順位をつけさせたといいます。「やりがいのある仕事」、「安定雇用」、「高い給与」、「仲間意識」などが常に上位に選ばれていたらしい。

しかし、46年にも渡る調査期間で、上位2つだけを取り出し比較すると、一つのだけ共通して上がってきたといいます。それは

「行なった仕事に対する感謝」

とのこと。それはそうですね。誰もが良い仕事をした時、それをちゃんと見ていてもらい、「本当に良い仕事をしてくれて、助かった。特に**が良かった。ありがとう」と言ってもらえると嬉しい。

しかし、この当たり前のことが実際に行われているか。この研究者が行ったこの先の調査が面白い。まずマネージャー層を集め、「部下に対し頻繁に感謝の気持ちを伝えている」と聞いたところ、80%以上のマネージャーは「伝えている」と答えたとのこと。

次にその部下に対し「上司より頻繁に感謝の気持を受けているか」聞いたところ、「受けている」と回答したのはナント20%以下。

これをrecognition gap(賞賛・認識ギャップ)というらしい。伝えているつもりが伝わっていない。伝え手と受け手の認識が大きくずれているのは面白い。社員モチベーションは生産性に大きく直結するのでこれは大問題です。 何故こういうギャップが起きるのか。

パフォーマンス・マネージメントの専門家のAubrey Daniels氏によると、ほとんどのマネージャーは実際に「とても良くやってくれた」とか「良い仕事をしてくれてありがとう」とちゃんと部下に伝えているといいます。問題はこの先に起きる。ついつい「だが(but)、ここをもっとこうするべきだった」と続けてしまう。

言われた方からするとこの”but”ほど強烈な言葉はないらしい。”but”と聞いた瞬間に褒められたことは記憶から消され、その先に言われたことが上書き保存されるらしい。

相手に感謝の気持ちを伝えたい時に使う”but”は、その前に伝えた感謝の言葉を全て消し去る消しゴムのようなものだとDaniels氏はいいます。 褒める時は褒めるだけで終わらせる。褒めると叱るを一緒にしてはならないといいます。

新任管理職研修で「まずは褒めてから叱りなさい」という指導をしていると聞きますが、これがきっとrecognition gapを生んでいるんですね。

ある調査によると従業員が会社を去る一番の理由はこのlack of praise and recognition (褒めたり、認めたりしてあげることの欠如)だという。ここでも給与や、やりがいが一番でないところが面白い。

皆さんも”but”をつけず、感謝の気持ちを伝えていますか。あっ、誉め殺しはダメですよ。スタンフォード大学のHeath教授によると、大事なのは機械的に褒めるのではなく、ちゃんとその人に響くようにカスタムして伝える。ポイントは「ちゃんと**をしていたのを見ていましたよ。ありがとうございます。」というメッセージが入っていることだといいます。

ただ、日本企業(特に大企業)は社員に対し、ダメ出しはしても、褒めるという文化がほとんどない。そして日本人をマネージしている同じ感覚で外国人もマネージしているケースが多い。日本企業に優秀な外国人タレントが残らない一番の理由はここにあるのではないかと危惧しています。

今日は月曜日。早速周りにいる誰かに「ちゃんと**をしていたのを見ていましたよ。ありがとうございます。」と伝え、気持ち良い週のスタートしましょう。私は早速やりました。

参考記事
優れた従業員は会社を去るのではなく直属の上司を去っていく
ここ1週間、仕事での成果を認めたり、褒めたりしましたか?

チームビルディングは遊びではない


team building私は日本企業のグローバル化教育に携わっていますが、外国人社員とチームビルディングをほとんどしない日本企業がとても気になっています。チームビルディングは遊びだと思っている。

海外出張に行く際、外国人チームメンバーと仕事だけでなく、少なくても午後半休を取って、一緒に観光や買い物、ハイキングなど個人的な関係を築く時間を作る。こういったことをほとんどやらない。

「何故やらないのか?」とある日本人に聞いたところ、「そんなことをしたらサボっているのではないかと上司に怒られてしまう」という。

テレコンはやめた方が良い #2


teleconference以前、同じタイトルの記事で、ビデオ会議が出来る環境の中、何故多くの方々は英語に不安があるのにも関わらず、あえてテレコンを行なっているのか。相手が直接見える分、テレコンをビデオ会議に変えるだけで遥かにコミュニケーションが取りやすくなると、主に私の経験をベースに書きました。

ただ、「私の経験だけだと説得力が足りないな〜」と思い、もしかしたらちゃんと比較研究がされているのではないかと調べてみたところ、ドイツのFraunhofer Instituteという研究機関が行なった興味深い実験を発見。

テレコンはやめた方が良い


no_phone_conferenceいま、グローバルでのテレコンやミーティングに参加するどころか、すぐに置いていかれてしまい何も発言できないで苦しんでいるTOEIC®高得点者が増えています。弊社ではミーティングで、しっかりと発言・貢献できるようなスキルを身につける企業研修を行っておりますが、大部分の方々は社内に最新のビデオ会議システムが備わっているのに、あえて海外とのやりとりをテレコンで行っていることに、いつも驚かされます。

テレコンはビデオ会議に比べ7倍難しい
私はほぼ毎日、世界中にいる誰かとSkypeによる打ち合わせをしていますが、

「ググれカス!」はグローバルでは絶対に言われない


ggrs私は世界20カ国以上の人々とコラボして、色々なプロジェクトに関わってきましたが、その場でわからない事を聞いた時、相手から「そんな事もわからないのか?」なと言われた事は一度もありません。聞かれたら、ちゃんと親切に説明してくれますし、逆に相手からどんなに初歩的な質問をされても「そんな事も分からないのか?」や「それは自分で調べなさい」など言った事はありませんし、そう思ったことすらない。

特にプロジェクトを指揮している立場にいると、例えトンチンカンなことであっても聞いてもらった方が、相手がどのレベルで理解しているのかを一瞬で把握でき、その場で解決できるので安心します。

オリジナリティを発揮する人とそうでない人のちょっとした違い


originalityオリジナリティの高い仕事をするにはどうしたら良いか。最近読んだ”Originals: How Non-Conformists Move the World (Adam Grant著)"というオリジナリティについて研究した本が面白い。

オリジナリティを発揮する人たちは、その同僚に比べ、特別に才能が優れているわけではない

と著者のGrant氏はいいます。その決定的な違いは何か。以下、大塚のスーパー意訳です(笑)。

テレコンがビデオ会議に比べ7倍難しい理由


skype6ここ数年、海外とのテレコンが行う回数が劇的に増えてきたと思います。事実、McKinsey Instituteによると2008年から2012年の間にSkypeを通じて行われた時間が6倍になったとのこと。またWainhouse Researchによると2017年までテレコン・ビデオ会議が毎年50%の割合で増えていくらしい。

弊社ではこうしたGlobal Meetingにおいて、しっかりと発言・貢献できるようなスキルを開発する企業研修を行っておりますが、参加者のほとんどが、ビデオ会議が出来る環境があるのにもかかわらず、あえてテレコンで行っていることに、いつも驚かされます。

「理解出来ていないのは自分だけ」という誤った思考法


not_only_me
TOEIC®で700点持っていようが満点を持っていようが、関係ない。現在弊社で日本企業の幹部向けに行っている2ヶ月間のGlobal Discussion研修で、一番はじめに身につけていただくスキルとして、
分からない単語や表現が出てきたり、内容で置いていかれそうになった瞬間、躊躇せず、その場で「ちょっと待って!」と止めて、理解するまでしっかりと確認作業をする
というスキルを学んでもらっています。

「イノベーション」と叫ぶも挑戦する人を罰する不思議な現象


Getzels-Jackson2Getzels-Jackson現象というのはご存知でしょうか。これは

トップが「イノベーションを起こそう!」と声を大にして組織内で叫んでも、実際にCreativeな発想を出した者、イノベーションに挑戦した者を罰する

という皮肉めいた現象で、最近読んだ「馬を飛ばそう」(Kevin Ashton著、原書:How to Fly a Horse )という画期的な発明やアイデアが生まれるプロセスを研究した本の中に出てきた面白い話。

出張中、現地社員と『遊ぶ』時間を作ろう!


fun day以前多く方々が苦手されている「仕事の前のSMALL TALK(雑談)は何故大事なのか」について、書きました。「Small talkは雑談ではなく、仕事の延長として考えるべき」と。

この話を欧米系グローバル企業でその主力製品のアジア・アフリカ部門のトップを務める友人(日本人)にした所、面白いことを言っていました。

出張に行くと必ず丸1日Play day(遊ぶ日)が用意されている。山登りに行ったり、クルージングに