給与・やりがいを抑えて社員のモチベーションを上げるランキング1位になったものは


love jobあるアメリカの大学の研究者が「社員のモチベーションを上げる要因」に関して実施された調査を過去に遡って調べ、比較対象できる1946年、1980年、1986年、1992年の4つの調査レポートを発見。

どのレポートも社員に対し、「仕事上、モチベーションを上がるのは何か?」という質問に対し、あらかじめ用意された答えの優先順位をつけさせたといいます。「やりがいのある仕事」、「安定雇用」、「高い給与」、「仲間意識」などが常に上位に選ばれていたらしい。

しかし、46年にも渡る調査期間で、上位2つだけを取り出し比較すると、一つのだけ共通して上がってきたといいます。それは

「行なった仕事に対する感謝」

とのこと。それはそうですね。誰もが良い仕事をした時、それをちゃんと見ていてもらい、「本当に良い仕事をしてくれて、助かった。特に**が良かった。ありがとう」と言ってもらえると嬉しい。

しかし、この当たり前のことが実際に行われているか。この研究者が行ったこの先の調査が面白い。まずマネージャー層を集め、「部下に対し頻繁に感謝の気持ちを伝えている」と聞いたところ、80%以上のマネージャーは「伝えている」と答えたとのこと。

次にその部下に対し「上司より頻繁に感謝の気持を受けているか」聞いたところ、「受けている」と回答したのはナント20%以下。

これをrecognition gap(賞賛・認識ギャップ)というらしい。伝えているつもりが伝わっていない。伝え手と受け手の認識が大きくずれているのは面白い。社員モチベーションは生産性に大きく直結するのでこれは大問題です。 何故こういうギャップが起きるのか。

パフォーマンス・マネージメントの専門家のAubrey Daniels氏によると、ほとんどのマネージャーは実際に「とても良くやってくれた」とか「良い仕事をしてくれてありがとう」とちゃんと部下に伝えているといいます。問題はこの先に起きる。ついつい「だが(but)、ここをもっとこうするべきだった」と続けてしまう。

言われた方からするとこの”but”ほど強烈な言葉はないらしい。”but”と聞いた瞬間に褒められたことは記憶から消され、その先に言われたことが上書き保存されるらしい。

相手に感謝の気持ちを伝えたい時に使う”but”は、その前に伝えた感謝の言葉を全て消し去る消しゴムのようなものだとDaniels氏はいいます。 褒める時は褒めるだけで終わらせる。褒めると叱るを一緒にしてはならないといいます。

新任管理職研修で「まずは褒めてから叱りなさい」という指導をしていると聞きますが、これがきっとrecognition gapを生んでいるんですね。

ある調査によると従業員が会社を去る一番の理由はこのlack of praise and recognition (褒めたり、認めたりしてあげることの欠如)だという。ここでも給与や、やりがいが一番でないところが面白い。

皆さんも”but”をつけず、感謝の気持ちを伝えていますか。あっ、誉め殺しはダメですよ。スタンフォード大学のHeath教授によると、大事なのは機械的に褒めるのではなく、ちゃんとその人に響くようにカスタムして伝える。ポイントは「ちゃんと**をしていたのを見ていましたよ。ありがとうございます。」というメッセージが入っていることだといいます。

ただ、日本企業(特に大企業)は社員に対し、ダメ出しはしても、褒めるという文化がほとんどない。そして日本人をマネージしている同じ感覚で外国人もマネージしているケースが多い。日本企業に優秀な外国人タレントが残らない一番の理由はここにあるのではないかと危惧しています。

今日は月曜日。早速周りにいる誰かに「ちゃんと**をしていたのを見ていましたよ。ありがとうございます。」と伝え、気持ち良い週のスタートしましょう。私は早速やりました。

参考記事
優れた従業員は会社を去るのではなく直属の上司を去っていく
ここ1週間、仕事での成果を認めたり、褒めたりしましたか?

一瞬で考えをまとめ、伝え切るスキル


brain_shart「いま一番身につけたい英語のスキルは、ミーティング中に、コメントを入れたいと思った時、瞬時に考えをまとめ、淀みなく伝え切るスキルです。」

最近Global meetingでいかに発言・貢献していくかという企業研修をやっていて、どんなスキルを身につけたいかを聞くとこう答える人が多い。これが出来ないため、

「議論に飛び込むことに躊躇してしまい、その間、話が先に進んでしまう。結局発言できないまま、会議が終わってしまい悔しい。」

時代遅れの英語教材で学んではいけない


英語教材先日、ふらっと書店に入り、ビジネス英語の教材を立ち読みしたところ、面白いことに気づきました。見本となる対話文が実際のグローバルビジネスの現場で行われているものと比較し、あまりにもかけ離れていると。

例えばポッドキャストで人気のビジネス英語の7月分のテキスト。まず対話文(スキット)が出てきて、そこに出てきた新しい単語・フレーズが隣のページにリストアップされている。

最も大切な英語フレーズ


slow_down日本人と日本語でコミュニケーションをとっている時、「ちょっと待ってください。もう少しゆっくりと話していただけませんか。」なんてまず言わない。そんなこと言ったら頭の悪い人だと思われてしまう。これはアメリカ人同士、英語でコミュニケーションをとっている時も同じ。自国の人と母国語で話す際、「もう少しゆっくりと話していただけませんか。」とお願いすることはあまりないように感じます。

私はミーティング中、ネイティブが、抑揚のない、流れるような英語で話し出すと、すぐに”Wait ,”と遮って、”… can you speak more slowly?”と

テレコンはやめた方が良い #2


teleconference以前、同じタイトルの記事で、ビデオ会議が出来る環境の中、何故多くの方々は英語に不安があるのにも関わらず、あえてテレコンを行なっているのか。相手が直接見える分、テレコンをビデオ会議に変えるだけで遥かにコミュニケーションが取りやすくなると、主に私の経験をベースに書きました。

ただ、「私の経験だけだと説得力が足りないな〜」と思い、もしかしたらちゃんと比較研究がされているのではないかと調べてみたところ、ドイツのFraunhofer Instituteという研究機関が行なった興味深い実験を発見。

TEDxで話してきました


TEDx Talk先月(9月)の初めに、TEDxのイベントで"Why most global communication fails and what to do about it"というトークを行ってきました(動画は最後に埋め込みます)。

今回のスピーチは日本人向けというよりも、英米人向けに「グローバルビジネスにおいて、英語はもう、あなたたちの言語ではないんだよ。もっとノンネイティブに合わした話し方をしないと結局自分を含め、みんなが損をする」をコア・メッセージにスピーチを設計しました。

テレコンはやめた方が良い


no_phone_conferenceいま、グローバルでのテレコンやミーティングに参加するどころか、すぐに置いていかれてしまい何も発言できないで苦しんでいるTOEIC®高得点者が増えています。弊社ではミーティングで、しっかりと発言・貢献できるようなスキルを身につける企業研修を行っておりますが、大部分の方々は社内に最新のビデオ会議システムが備わっているのに、あえて海外とのやりとりをテレコンで行っていることに、いつも驚かされます。

テレコンはビデオ会議に比べ7倍難しい
私はほぼ毎日、世界中にいる誰かとSkypeによる打ち合わせをしていますが、

「武士に二言なし」マインドで英語を使っていませんか?


武士に二言なし今週、USにいる上司が日本に来ていて私の隣の席に座っています。正直へとへとです。何が疲れるかって、日本語あったとしても考えて回答すべき様な内容のコニュニケーションを、英語でするからです。

と、先日、以前英語を指導したことのある方からメールが届いたので、

これは違いますよ(笑)。日本語ではまずは聞かれないことを英語ではダイレクトに聞かれます。ダイレクトに聞くのは別にまとまった答えを相手に求めていないからです。

「ググれカス!」はグローバルでは絶対に言われない


ggrs私は世界20カ国以上の人々とコラボして、色々なプロジェクトに関わってきましたが、その場でわからない事を聞いた時、相手から「そんな事もわからないのか?」なと言われた事は一度もありません。聞かれたら、ちゃんと親切に説明してくれますし、逆に相手からどんなに初歩的な質問をされても「そんな事も分からないのか?」や「それは自分で調べなさい」など言った事はありませんし、そう思ったことすらない。

特にプロジェクトを指揮している立場にいると、例えトンチンカンなことであっても聞いてもらった方が、相手がどのレベルで理解しているのかを一瞬で把握でき、その場で解決できるので安心します。

「英語力」と「英語での会話力」の違い


Discussion直接は存じ上げませんがマイクロソフトのアメリカ本社で日本人エンジニアとして働くの牛尾 剛氏が最近書いた「生産性を向上させるためには、日本人エンジニアに英語での会話力は必須だと思った」というブログ記事、が面白い。

「何故外国人はやたらとDiscussionをしたがるか。多くの日本人がDiscussionに対し、誤ったマインドを持って臨んでいて勿体無い。もっと気軽に考えて欲しい。」

という素敵なメッセージを現場目線で非常に分かりやすく伝えています。ちょっと長い記事ですが、その小タイトルを書き出して見るだけでも勉強になります。